鮎タビ:フェルト交換のタイミング

鮎タビ等のフェルト交換について、私のオススメをご紹介します。

フェルト交換のタイミングについてよく聞かれます。
このフェルト交換、なかなかのくせ者でタイミングが難しいですよね。ソールはまだ残っているし、履けるし。

オススメは、10回以上行っているのであれば交換しておくのが良い!です。
それは何故か?フェルトソールは車のタイヤのようなものと思ってください。滑らないように少しずつフェルトを減らしながらグリップ力を得ています。少しずつ減っているので、当然グリップ力も少しずつ落ちていっています。
タイヤも同じですが、走れているし、止まることも出来る。落ちている状態に慣れてしまい、少しずつグリップ力が落ちていっていることに気づきにくいんです。初期のグリップの良さを忘れてしまっているんです。

本当にグリップの良いのは数釣行、そこからは徐々に落ちていくだけです。
思わぬ事故に(転んで竿を折る・ケガをするなど)なる前に、まだ早いかな?(元の半分くらい)ってところで替えておくのがオススメです!

交換式のタイプを履いている方も、出来るだけ早めの交換をおすすめします。
それは何故か?シューズの外側を破損して、ソールが付かなくなってしまうからです。
ソール交換にお持ち下さっているものを見ると、かなりソールが減っていて、シューズの外側を破損させてしまっている事例がよくあります。
実にもったいないです。少し早めの交換をして頂くだけで、シューズは長持ち、グリップ力は抜群になるのに…。

是非今シーズンは上記を意識して頂き、交換前後のグリップ力の違いを体感して、より良い鮎釣りを楽しんでください。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。

【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ
【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上!
【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事