相模川 高田橋一本瀬下流

相模川 高田橋一本瀬下流

シーズン初期の鮎は小さく、身切れしやすいことが多いです。
シーズン初期、「ポロリしてしまうのだけど、何か良い針無い?」と聞かれることがあり、オススメしている一つの方法をご紹介します。

身の軟らかい初期、魚体も小さいので負担の掛かりにくい6号や6.5号、またはそれ以下の号数を使う方が多いと思います。
ですが、これが身切れの一つの原因になることがあります。
例えば、自分の皮膚を小さくつまむのと大きくつまむのとでは、小さくつまむ方が外れやすく、大きくつまむ方がよくつまめます。
小さくつまむのは小鈎です。そして大きくつまむのが大きめの鈎。
なので、あえて7号や7.5号を使うというのも一つの方法です。7号の方が身を大きく広くすくうのと、フトコロが広いので身が切れにくいことがあるのです。
なので鮎に負担を掛けにくい7号となると細軸を使ったり、4本錨なら3本錨にしてみたりすると良いと思います。

スタッフ平賀は、オーナーの『ビリ鮎』をオススメしたりします。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。

【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ
【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上!
【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事