【メーカー】 テイルウォーク、シマノ、ダイワ

『秋は青物ジギングシーズン』ということで、青物関連ネタの投稿が多いです。それだけこの季節がオススメということです(‘◇’)ゞ

『近海ジギングは敷居が高くて…』とお思いの方いらっしゃいませんか?
私もそうでしたf^^;
しかし一度行ってしまうと、そこまでハードルの高さは感じませんでした。ライトジギングの様相と同じです。”釣れる魚が大きい”という点を除けば( ^ω^ )

今は本当に良い時代になり、近海ジギング入門タックルが比較的安価に手に入れることが出来ます。もちろん相手は大きな青物なのっで、良いタックルであることに越したことはありませんが―。エントリークラスでも十分にキャッチできますよ♪

―ということで、前置きが長くなってしまいましたが、スタッフ石井が選ぶ近海ジギングエントリータックル”梅セット”をご紹介いたします!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

テイルウォーク『クレイジージギング』

Fuji製のパーツ採用

まずはロッド。
《テイルウォーク》クレイジージギングS63ML、S63M
メーカー希望価格は8,000ー8,500円!Fuji製のハードガイドリング・リールシートを搭載してこの価格はスバラシイです!
テイルウォークはコスパの良い製品が多く、最近人気が集まっているメーカーで入門者から上級者まで納得の品が多いです( ^ω^ )

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

リールはやはり2大メーカーの機種がオススメです!

《ダイワ》BG4000H(ジギングならノーマルギアでもOK)
メーカー希望小売価格は14,000~
同社が2016年に発売したエントリーユーザー向けのリールです。
ファントムの後継機種ですね(^_-)-☆イチオシポイントはメタルボディ!!リールの土台がメタルだと剛性がありパワフル♪スプールの滑り止めもGoodです♪

《シマノ》14スフェロスSW6000H
こちらも発売から3年が経ちましたが、まだまだオススメのリールです。
メーカー希望価格16,800円~
イチオシポイントは”船宿のレンタルタックルでよく使われている”ことです。
レンタルともなると年間での使用回数・釣りあげる魚の数で、相当な酷使となります。その中で各船宿から『壊れにくくて頑丈』と太鼓判の押されているリールです( ^ω^ )

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これらのロッドとリールを購入しても実勢価格で2万円以下で揃えられるってスゴくないですか!?その他、メタルジグ・フック・接続具、グローブ…etcなどを合わせても3万円ほどで揃えられちゃいます( ^ω^ )

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

釣り方など不安な部分もありますが、船長やベテランアングラーの方は質問すると優しく教えてくれるので一人で行っても心強いですよ!
(もちろんスタッフ石井もお気軽にご相談ください)

釣りの基本ですが…。

『釣れてるうちに行っておく!』

今季好調が続いている青物ジギングにぜひ挑戦してくださいね♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事