【メーカー】 オーナー
【商品名】 替鈎 誇高カワハギ早掛替鈎 誇高カワハギ早掛SP


最近、『使用感良かったよ!』とか『コレ釣れるよー!』とか『凄い当たりあるよー!』とかご好評頂いていますオーナーの誇高カワハギ、特に早掛SPの刺さりの良さを言うお客様が大変多いです。
この誇高カワハギ早掛は一部の針で実は少しコンセプトが違います
使用頻度の高い7号や7.5号は細軸で吸込みを考えたスタンダードモデル!
それと比べ、6.5号はやや太軸になっています。6.5号は小型や大型の入り混じる時期等に小針を使用していると『大型が掛かり針を伸ばされた』という経験をお持ちの方も多いと思いますが、この誇高6.5号は不意の大型にも伸ばされにくい、また軸が太くなると同じくハリスも太くなりがちですが、この誇高カワハギはハリスは吸込みの良い1.5号となっています!更に誇高カワハギはTAFF WIREを使用しているのでオーナーの従来の針素材に比べ約10%の強度UP!安心してカワハギとのやり取りが楽しめますよ!

替鈎 誇高カワハギ早掛


そして誇高カワハギにはフッ素加工をした『早掛』とメッキ層ゼロのSP(サスガポイント)で研ぎたての切れ味の『早掛SP』の2種類があります。ご存知の方も多いと思いますが、フッ素加工は針が刺さる時の摩擦抵抗が少なく滑りが良い為、少しの力でもしっかりと刺さり込みます。早掛SPはメッキ層ゼロにする事で研ぎたての切れ味を実現している為、今まで感じ取れなかった当たりを感じさせてくれます。当たりが増えれば次の1匹に繋がって行きます。これが使用したお客様の『良く釣れたよ!』『凄い当たりあるよ!』に繋がっています。

誇高カワハギ早掛SP

しかし!難点もあり、このメッキ層ゼロの早掛SPはその超絶の針先の分鈍るのも少し早いです。なので僕自身はここぞと言う時や当たりの遠のいている時には全部の針をSPにしたり、通常使いでは真ん中の針や上の針に忍ばせたりして当たりを引き出したりで使用しています。下針に付けると簡単に餌取りを拾ってしまうのでお気を付け下さい(笑)
長くなりましたが好評のカワハギ針ですので是非一度お試し下さい!もっとこだわりの内容があるのですが、より詳しくは店頭にてスタッフ平賀までお声をお掛け下さい。

今月末に第2弾!となる誇高カワハギ ワイドとワイドSPが発売されます!
ワイドはカワハギ専用針と言ってもよいハゲ針形状 …..ですが勿論通常のハゲ針とはひと味もふた味も違いますよ!
こちらもご期待下さい!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事