【メーカー】 がまかつ・シマノ
【商品名】 フッ素コート鮎バラ

がまかつ・シマノより発売されている『鮎バラ鈎』について注意点があります。

一部フッ素加工をしている鮎針を錨にする際は、ナイロン根巻糸をご使用下さい。ナイロン根巻糸以外を使用すると、ハリスが抜けてしまうなどのトラブルの可能性があります。

シマノ鮎鈎・フッ素加工を落とす場所

また、シマノの鮎バラ鈎を錨にする際は、チモトの部分(上記画像参照)のフッ素加工を細かいペーパーヤスリなどで落として錨を巻くことをおすすめします。

また、がまかつのナノスムースコート(フッ素加工)は、このチモト部分が『タイトウェッジ』という仕様(チモトが楕円形)のため、この処理を行わなくてもナイロン根巻糸を使用することでハリス抜けを防止しています。

が、昔からの鮎ファンの方は、錨鈎の中心にハリスが来ていないように見えるため、戸惑うかも知れません。4本錨の場合、通常は画像左のように中心ですが、タイトウェッジの場合は画像右のようになります。これが正常ですので、気にせずご使用下さい。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事