※イメージ画像です

※イメージ画像です

釣りをしていると、ウェーダーの中が『ヒヤッ』としたことがありませんか!?

人は歩いただけでも1時間に500mlの汗をかくことが『運動生理学』的に証明されています。
透湿性をもたないクロロプレン製のスリムウェーダー(鮎ウェーダーなど)を着用して釣りをしていると、かいた汗はそのままウェーダー内部に溜まるのです!!
この溜まった汗が川の中に立ち込んでいる間に冷やされ『ヒヤッ』として、時には「水漏れ?!」と思ってしまうのです。

「水漏れ!?」と思ったそんな時は…

  1. どの部分で水漏れと感じたか覚えておき、釣行後、完全に乾燥させてからウェーダーに水をたっぷり入れてみて下さい。
  2. 水漏れ部分があれば、そこから勢いよく水が出て来ます。
  3. 水漏れの場合は、その部分に目印をつけておくと、ご自身で修理されるときやメーカー修理依頼するときも分かり易いですよ!!

ご自身で修理される場合は、リペアシートやボンドが、DAIWAやリトルプレゼンツから発売されています。
当店ウェアコーナーにございます!!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

関連記事