少し大きめのムギイカが釣れたので、塩辛を作ってみました。
更に今回は、簡単に一夜干しが作れる一夜干しシート(株)オカモト『ピチット』を使っての塩辛作りです。

材料

作り方

スタッフ平賀レシピ集~マルイカ・ムギイカの塩辛~

スタッフ平賀レシピ集~マルイカ・ムギイカの塩辛~

まずはムギイカから肝を取り出し、墨袋を取り外します。マルイカは開いて皮を取り除きます。

スタッフ平賀レシピ集~マルイカ・ムギイカの塩辛~

材料が準備できたら、マルイカの身とムギイカの肝を、『ピチット』で包んで冷蔵庫に保管し、脱水します。

ここで通常は肝に塩を振って脱水するので塩分が強めになったりしますが、『ピチット』は塩を使わず脱水するので、後で好みの塩分で味付け出来るのがメリットです。しかも『ピチット』は、臭みも吸収してくれます。
3時間程度で良いようですが、釣りから帰ってからの作業なので一晩保管です。

脱水を終えたら、肝の中身を容器に絞り出します。マルイカの身は好みの大きさにして切り分けます。

スタッフ平賀レシピ集~イカの塩辛茶漬け~

塩辛 製作途中

スタッフ平賀レシピ集~イカの塩辛茶漬け~

塩辛完成品

肝に塩とマルイカのみを入れて混ぜ合わせます。これで完成!塩は好みの量を入れてください。(塩が少ないと日持ちしなくなります)

すぐでにも食べられますが、一日は置いた方が塩味のかどが取れてまろやかになって美味しいです。ほんの少しお酒を入れると、更にまろやかになるのが早くなりますよ。ゆずを乗せても良いですよ(フリーズドライが便利!)。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。

【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ
【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上!
【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事