【釣行日】 2015年10月16日
【場所】 南伊豆・石廊崎

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

10月16日(金)、南伊豆の石廊崎へ、雑誌『磯釣り秘伝』のNEWタックルインプレッションコーナーの取材・撮影のため釣行してきました!

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

とりあえず当日のエサはこんな感じ…。
オキアミ3kg板×2枚、アミコマセ2kgにマルキュー『グレパワーV9スペシャル』『爆寄せグレ』各1袋。(がまかつの久保野孝太郎さんがオーナーを営むお店『小田原マリンターミナル』さんで購入しました)

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

今回使用したロッドは、この秋新発売の下記6本。

リールは下記4台。

ロッドについてはそれぞれ個性があり、私が一番欲しいなぁ〜と思ったのが『インテッサG5』!(でも値段がなぁ〜汗)
DAIWAの『オレガ』はカタログスペック上は同じような号数の竿かと思いましたが、使用してみると全然調子が違いました!

6本それぞれの調子は、雑誌発売までお待ち下さい!どうしても気になる方は店頭まで!小澤がすべてを話します!(笑)

そして一番気になっていたリール…そう!ハンドルが逆転しない『テクニウムSUTブレーキ』!
このリールでの最大の不安要素は…「巻いているハンドルを止めて惰性でローターが回転し、仕掛回収時にウキを穂先に巻き込み、ロッドを折ってしまうんではないか?」…でした。
シマノの営業マンは「その辺も計算されて作ってますので大丈夫です」なんて言ってましたが、やはり高級リールだし買ってから試すのもなぁ〜と思っていましたが…

「全然大丈夫です!」

問題ありません!試しにウキを思いっきりブン投げて超高速で巻いてそのまま仕掛を回収する実験を何度も試してみましたが、一度も巻き込みは発生しませんでした♪ちゃんと止まります!
またこのリール使用時にカツオが何本か掛かったので思いっきり糸を出してみました!

「ブレません!」そして「回転が軽いです!」

正直、ハンドルが逆転しないだけでここまで違うモノなのか!?と思いました!
う〜ん…欲しいなぁ〜。でも先立つモノが…(笑)

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

各社2015新ロッドNEWタックルインプレッション!

取材の方は、激写トーナメンター長谷部さんと2人でメジナ、イサキの他にも、ロッドの調子を試すのに都合の良い巨イスズミやサンノジ、カツオやサメが掛かり、撮影も大成功♪
僕も当日一番の40cmに少し欠けるメジナと30cm台後半の口太が数枚釣れて、不調の伊豆としては大満足の釣果で終了♪♪♪

…ただ最後の一投に来た、たぶん良型のオナガ?に2.5号ハリスをチモトで切られたのが少し悔しいです(笑)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。 伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!? ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑) 【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ 【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪ 【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです) 【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事