感染防止対策にご協力ください
スタッフ石井釣行記〜サゴシ45-50cm/10匹〜

【釣行日】 2018年4月2日
【釣行時間】 7:00-13:30
【場所】 駿河湾 久野山方面
【船宿】 清水港 ZEST号
【釣果】 サゴシ…45-50cm/10匹(重さは800g~1,000g)
【サワラタックル】
・ロッド…シマノ『グラップラーS68L』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW5000XG』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーPEX8 #2.0-300m』
・針…がまかつ『トレブル RB MH#4』
・ルアー…DUO『ラフトレイル ブレイジン』
【タイラバタックル】
・ロッド…ジャッカル『ビンビンスティック BSC-HS610UL-ST』
・リール…シマノ『14オシアカルカッタコンクエスト200HG』
・ライン…デュエル『スーパーXワイヤー4 #1.0-200m』
・リーダー…サンライン『トルネード ベーシック船ハリス5号』
・ルアー…シマノ『炎月 タイガーバクバク』

春の乗っ込みマダイを求めて、駿河湾は清水港のZEST号さんにお世話になってきました(=゚ω゚)ノ

私の狙いは真鯛だったのですが、数日前からサワラの釣果も上向いてきたことで当日は『サワラ狙いメインのタイラバ』狙いとなりました。どっちに転んでもオイシイところ取りです(^^♪
しかも当時は大潮ということで期待に胸が膨らみました。

出船してほどなく散開している鳥が多くみられましたが、まとまりに欠け撃っても出ず―。
ということで狙いを真鯛に変更しました。
水深は先日の釣行よりもだいぶ浅場になっており、メインとなるポイントは40-50mの場所でした。タイラバ100~120gを使用しました。
しかし流してみるも、潮がほとんど流れておらずタイラバが垂直フォール…f^^;なんとかトモの方が食べ頃サイズを1枚キャッチするも、後が続かず苦戦。。

しかし!そこは頼れる若船長!目が非常に良く、遠くの小規模ナブラを発見しナブラ撃ちゲームに変更しました。
(若船長の杉山代悟さんはトラウト界では有名なエキスパート。ソルトも幼少の頃から経験を積まれ、一流のアングラーでもあります)

これでどんどんと良い群れを追うことが出来、サゴシの入れ食いタイムが始まりました\(^o^)/ダブルヒットは当たり前でフォースヒットも何度もあり巻いた(笑)どうやらカタクチイワシの稚魚の群れに付いているようで、そこらかしこで跳ねていました。
でも、サゴシと聞くとあまりテンション上がりませんよね!?私もそうです。―なので、サゴシ入れ喰い劇でしたが途中からのんびりモードでした(これが後に後悔へ…)。

入れ喰いタイムを満喫し、帰りは再びタイラバで真鯛狙い。
40-50m付近を狙い魚探の反応もまずまず。
しかし朝より潮流れは多少良くなったものの、真鯛を狂わすほどのパワーがなく真鯛は船中1匹・ホウボウ2匹で納竿となりました。

私の本命であった肝心のタイラバは、ノーバイト・ノーフィッシュにて終了してしまいました_| ̄|○それでも裏本命のサゴシ(サワラ)がキャスティングで楽しめたので大満足でした(*^^)v

―そして肝心の実食編です。
まず捌くと胃の中は大量のエサで埋め尽くされていました( ゚Д゚)!!!身はサワラとまでは行かないものの、脂が包丁にこべりつきます(汗
・刺身
・炙りの刺身
・塩焼き
・天ぷら
ま~、どれもこれも旨い(;´Д`)とくに天ぷらは激ヤバな美味。友人宅で食していましたが、あっという間にクーラーが空になっていきました。こんなに旬のサゴシが旨いことをしっていたら、もっと本気で狙っていたことでしょう…。

―ということで、駿河湾のサワラ(サゴシ)はまだまだ狙えそうな釣況です\(^o^)/乗っ込みの真鯛を狙いつつ、サワラも狙える駿河湾はかなり贅沢な釣り場ですのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

商品のお問い合わせ
スタッフ石井釣行記〜サゴシ45-50cm/10匹〜
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

感染防止対策にご協力ください