PickUp!

【釣行日】 2019年4月30日
【釣行時間】 7:00-15:00
【場所】 東京湾 湾口付近
【船宿】 磯子根岸港 鴨下丸
【釣果】 カンパチ…1.3kg/1匹
【タックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16セルテートHD3500H』
・ライン…デュエル『スーパーXワイヤー8 #2.0』
・針…オーナーばり『JF-25ジガーライトホールド#6/0』
・ルアー…シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー』
【タックル2】
・ロッド…天龍『ジグザムドラッグフォースJDF621S-3』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
・ライン…シマノ『オシア8 #3.0-300m』
・リーダー…クレハ合繊『シーガー船ハリス12号』
【タックル3】
・ロッド…ジャッカル『アンチョビドライバーLJ63L』
・リール…シマノ『グラップラー301HG』
・ライン…シマノ『タナトル8#1.5-300m』
・リーダー…クレハ合繊『シーガー船ハリス8号』

平成最後の釣りに行ってまいりました。
ここ最近は釣果に恵まれずボウズ釣行が続いており、このままでは令和を迎えることは出来ないので悪あがき釣行です(笑)

今回は東京湾へカンパチ(ショゴ)狙いに、根岸港の鴨下丸さんにお世話になりました。

日ムラはありましたが、一週間前にはトップ釣果で10本の日もあり期待に胸を膨らませて出船しました。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

…ところが、ふたを開けてみればなかなかの時化具合で…(^^;
風裏で釣りが出来そうなエリアへの移動時間も長く、久しぶりに船酔い状態になりました(苦笑)
この日のエリアは1箇所でしたが、時間や風で40~50mのポイントと60m前後のポイントを細かく移動しながらの釣りでした。
鴨下丸さんはスパンカーを立てたバーチカルジギングが主体です。カンパチ狙いに有効なBlueBlue『エスナル150g』で釣りをスタートしました。何投か探りましたが、若潮の上げ潮で底潮も緩くジグが抜け過ぎる感触でした。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

『潮に馴染む』ジグを様々に探りましたが、どうにもこうにも手が合わず悶々とする時間が続きます…。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

当日はジギングタックルを3set持ち込みました。
・パワー重視のPE3号タックル
・喰わせ重視のPE2号タックル
・スモールベイト対策のベイトPE1.5号タックル

良い馴染みが出せたタックルは『喰わせ重視のPE2号タックル』でシマノ『キングスラッシャー』120gと135gを水深によって使い分けました。パワー重視のタックルではどんなに優しくシャクっても、入力以上にジグが動いてしまいリズムが取れませんでした。
良い潮馴染みも出せ、メタルジグは信頼を寄せるキングスラッシャー。

「もう信じてやり切るしかない」

これが報われ昼前頃に待望のヒット!
底から5m以内でのヒット・ラインから伝わる抵抗で待望の魚と確信しました。久しぶりのファイトを味わいながら、ゴンゴンとロッドを抑え込む独特の引きが心地よいです。
無事にネットに入ったのは待望のカンパチ(ショゴ)。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

長いボウズトンネルを抜けた安堵でサイズ以上の感動でした(;O;)

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

それ以降もなんとか追加を目論みましたが、この日カンパチは船中この1本で納竿となりました。

一応、事故的(!?)に1本釣ることが出来ましたが、基本を忠実に守っていたことが結果に繋がったと思います。

・反応を真下に探る釣りなので、シャクリ方は毎回変えること。
・ショゴ狙いはスピード重視。
・4~5回落としたら、巻き上げて再投入(魚を自分のジグからリセットさせるため)
・信頼できるジグを通すこと。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

締めている最中にカンパチが吐き出したイカです。
最近釣れたカンパチはよくイカが入っているそうです。これも釣りのヒントになります。

ジギングは水中を想像し、自分で試行錯誤した結果が釣果に繋がる瞬間が最高の醍醐味です。今回は結果に繋がり気持ちよい釣りになりました。

カンパチ釣りの魅力はやっぱりその食味です。
最高の状態でカンパチを供養すべく話題の『津本式の究極の締め方』にて処置を行いました(YouTubeで話題になりました)。
現地で、脳締め→血抜き→津本式フリフリを2度に分けて。
(フリフリでエラがピンク色になるまで振り続けます)

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

自宅で、エラ&ワタ抜き→神経締め→ペーパー&ラップ包装。
※津本氏曰く神経締めは24時間以内であれば自宅でも効果があるそうです。

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

内臓のまわりに脂身が沢山あり、身の脂のノリも良好そうです(^^♪

スタッフ石井釣行記〜カンパチ1.3kg/1匹〜

待ちきれずに食べたい衝動に掛かられていますが―(笑)某釣りメーカーのプロスタッフさんから「5~7日間くらいがヤバイ!!!」とのことでしたので、我慢してその日を迎えたいと思います。

例年の東京湾は5月下旬から青物ジギングが盛り上がりを見せ、昨年もXデーもありワラサ・ブリが大漁の日もありました。相模湾は6月頃にワラサ・ブリの到来も控えています。
今シーズンは東京湾・相模湾ともにジギングでのサバ釣果が好調で、ジギングを始めるにはもってこいのターゲットです。相模湾のライトルアー船は短時間でサバの強烈な引きを手軽に楽しめるので、超オススメです(*^^)v
平塚港 浅八丸さん
片瀬江ノ島港 島きち丸さん

青物ジギングへの質問やご相談は店頭のスタッフ石井までお気軽にお声掛けください。

商品のお問い合わせ
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします