感染防止対策にご協力ください
スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

釣行概要

【釣行日】 2020年3月3日
【釣行時間】 6:00-13:30
【場所】 相模湾 横須賀沖
【船宿】 長井港 竜海丸
【釣果】 サワラ…5.3kg/1匹(全長91.5cm)

タックル

・ロッド…シマノ『旧グラップラーS68L』
・リール…シマノ『ツインパワーSW5000XG』
・ライン…呉羽合繊株式会社『シーガーPEX8 2.0号』
・針…土肥富『ハイブリッド・トリニティSWケイムラピンク』
・ルアー…ジャッカル『ビックバッカ― ナブラミノー103』

コメント

週末に多くのお客さまが相模湾のサワラキャスティングゲームで釣果を手にし、居ても立っても居られなくなり、私も懲りずに出撃してまいりました(^^;

最近の傾向は…湾内にマイワシが大量に入ってきたのですが、これがまったくサワラに対して機能せず餌余り状態となっていました。終いにはマイワシがプランクトンにボイルする始末でした…(^^;

して、週末好調の裏側にシコイワシが入ってきたことが影響しています。
サワラキャスティングにおいて、シコイワシの方が確立も高く釣果も伸びます。今年の傾向として、餌の出入りが激しくサワラの釣果が安定しない雰囲気です。餌が変わらないうちにと出かけた次第です。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

一気に復調したことで多数の船宿で募集を掛けていましたが、釣りをしていて相性の良い長井港の竜海丸(2号)にお世話になりました。サワラ予約乗合は¥11,000です。

出船してほどなくポイントに向かうと、多くの鳥が旋回しており海面付近を見ています。陽が昇るにつれてどんどんと密集度が上昇し、横殴りの水柱が立つようになりました。爆釣情報もあってポイントには20隻近い船が密集していて、なかなか思うようにキャストまでにはいかないシーンもありましたが時合もありスーパーボイルを何度か打つことが出来ました。

が、まったく誰のロッドも曲がらない…。漁師さんのロッドも曲がらない…。
タイミングや進行方向が大事なのか…。ナブラの先読みでアプローチをすると、やっとファーストヒットを得られましたが最初の首振りであえなくフックアウトになってしまいました…。

船中ヒットは無かったものの開始早々に雰囲気も良く、これから精度を高めて釣っていこうと思っておりましたが…。これ以降はさっぱりと鳥も居なくなり、餌も少なくなってしまい沈黙の時間が訪れてしまいました。

自身の予想では潮止まり1時間前と、潮が流れはじめる11時頃と高を括っておりましたがうんともすんとも何も無い(´・ω・`)

気付くとあれだけ居た船団も空っぽになっており、船中に暗雲が立ち込めました。

すると、漁師さんから無線で別のポイントで釣れている情報が入電。すぐにポイント移動。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

ポイントを南下し、到着すると鳥が散開しており雰囲気ムンムン!
「よっしゃこれから!!!」と思いましたが、時すでに遅しのようで無情に鳥たちは居なくなってしまいました。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

ここまで船中キャッチは無く、今日は完全試合を覚悟しておりましたが終了間際に突如として強烈なハミが出るようになりました。強烈なハミですが沈むのがとても早くアプローチが難しい…。

何度か当て直し上手い具合にタイミングが噛み合い、アプローチをすると待望のヒットが得られました。もう一人のアングラーもヒットしており、なんとかいなしていましたがサイズが大きかったため3名でまつってしまいました(^^;もう一人方の方が早く上がりそうだったのですが、網入れ寸前に猛ダッシュしていまいラインブレイクとなってしまいました。

これで単独ファイトに戻り、慎重にファイト。これで一本も船に入らないと、船長に申し訳ないので絶対に獲りたいとファイトし上がってきた魚体は過去イチサイズのサワラ!口元を見るとルアーをハーモニカ喰いして、前後フックがしっかりと掛かっていました。そこから強引に主導権を握り、サワラを無事にネットインできました。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

この時合でラインブレイクしたアングラーがサワラを2本追加し、納竿となりました。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

船上の計測で私のサワラは5.3kg。自身の記録更新サイズのサワラとなりました。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

かなり難しい状況に変わりはありませんが、シコイワシ・マイワシともに潤沢にいる状況なのでXデーに行けるかどうかが重要な印象です(^^;そうでない場合はアプローチの精度を高めて、一本一本を拾っていけるかが釣果の分け目になりますね。

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

ちなみに私がサワラを釣ったタイミングですが、5名乗船でミヨシに居ましたが一番最後にキャストアプローチを行いました。その中でヒットが得られたのはケイムラフックを装着していたことも奏功していたのでは!?―と妄想しています(笑)こういうチャンスでいかにヒット率を高められるかが、勝負の分かれ道になる時にこういう小細工は効くと思いますよ(^^♪

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

自身史上最高ウエイトのサワラなので、食味は未知の世界となります。
早く食べたい欲を抑えて、しっかりと熟成させて堪能させていただきます(^^)

スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜

相模湾のサワラキャスティングゲームに挑戦予定の方はぜひこちらの動画もご覧ください。1月末の釣行で私もこの時、乗船しておりました。全体の流れも分かり易いと思いますので、ご参考にどうぞ。

商品のお問い合わせ
スタッフ石井釣行記〜サワラ5.3kg(全長91.5cm)/1匹〜
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

感染防止対策にご協力ください