感染防止対策にご協力ください
スタッフ吉田君釣行記~相模湖・ブラックバス31-34cm/2本~
桟橋にてあがりバス(笑)

釣行概要

【釣行日】 2020年10月22日
【釣行時間】 9:00-16:30くらい
【場所】 相模湖
【船宿】 柴田ボート
【釣果】
・ブラックバス…31-34cm/2本

タックル

縦割り3.1インチ用

・ロッド…ダイワ『ブラックレベルプラス621ULXS』
・リール…ダイワ『セルテート2506H』
・ライン…デュエル『スーパーXワイヤー8の0.8号+フロロ7lb』
・針・仕掛け…モーリス『モスキート #0』
・ルアー…professor『ソアリンシャッド3.1インチの縦割り(ダークシュリンプ)』
・その他(シンカー)…1/16oz

コメント

今回はいつもの津久井湖ではなく、相模湖へ行ってきました。
相模湖と言ったら…professorの石川教授のガイドでしょ!
お客様のO様と受講してきました。

スタッフ吉田君釣行記~相模湖・ブラックバス31-34cm/2本~

いきなり釣った石川教授

今回は縦割りをメインにセッティングや使い方など勉強してきました。
いつものように柴田ボートの桟橋にてレクチャー開始!
アクションの練習をしていると、石川教授のロッドが曲がっていました。
まぁまぁサイズをキャッチ!
先生~さすがです(笑)

レクチャーを終え、出船~。
本湖は濁っていてワカサギがいっぱい。
ボトム付近やカバー周りを、縦割りにて攻めていきますがアタリがありません。
開始早々にO様にバイトがあったけどのらず。
中層のベイトパターンをやりに上流に行くと、魚探には生命感ゼロ。
ノーフィッシュのまま、午前の部は終了しました。

スタッフ吉田君釣行記~相模湖・ブラックバス31-34cm/2本~

O様・縦割り3.1にて

午後の部を開始する前に、桟橋で少し釣りをしましたがアタリのみで釣れず…。
午後はカバー狙いをメインにスタート。
O様が教授の言うとおりにカバーを丁寧に攻めていくと…。
キター!!
35センチくらいのバスをようやくゲット!
おめでとうございます。
縦割り3.1のダークシュリンプカラーでした。

終わりの時間が近づいてきているので戻りながら、石川教授が一言…。
『あのカバー釣れそうですよ』
その場所を上から誘っていくと、5mくらいの所でゴツゴツと生命感が!
カバーに巻かれそうになったけど、34センチをキャッチできました。
最後は桟橋にて31センチを追加!
本日の釣果はすべて、縦割り3.1のダークシュリンプカラーでした。
濁りが入ったら縦割り3.1インチですね。

今回は厳しい状況でしたが、久しぶりの相模湖で全員釣れました。さすがprofessorガイドですね。
気になっていた縦割りの使い方がわかったので、レベルアップできたような気がします(笑)。
縦割りやミラージュスティックの細かいセッティングや使い方など、詳しく知りたい方は店頭にてこっそりお教えいたします(笑)

スタッフ吉田君釣行記~相模湖・ブラックバス31-34cm/2本~

白鳥さん

商品のお問い合わせ
スタッフ吉田君釣行記~相模湖・ブラックバス31-34cm/2本~
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

感染防止対策にご協力ください