感染防止対策にご協力ください
うなぎ釣りのワンポイントアドバイス(当たり編)

うなぎ釣りのワンポイントアドバイス(当たり編)

最近、お店にうなぎ釣り入門の方が良くお見えになります。
今回はそんなお客様に、知っておいて欲しい事の1つ当たりに付いてお話したいと思います。これが正解!って事では無いので1つの例として参考にして頂ければと思います。

先ずは誰もが1番出会いたいと思う、うなぎの当たりですが、これはうなぎの捕食スイッチが入って、ポイント(釣り場)さえ合っていれば誰にで釣れちゃうくらい簡単な当たりが出ます。これには時間、ポイント、水量、水色等の色々な条件が合えば合うほど本当に簡単です!
この当たりまくりの時間を、うなタイムと僕は呼んでます。まだ何度かしか出会ってません(良い条件時に予定的になかなか行けない)(30分位で8匹位の猛攻撃等もありました)
この時は休んでる暇なんてないくらい当たります!
こんな時はなかなか無いので是非出会える日を夢見てうなぎ釣りに通ってみて下さい(笑)

通常はと言うと、本格的な当たりが出る前にサワリ(鰻が餌のそばに居るであろう?)が出ます。このサワリを見逃すかどうかで釣果が変わっていくと僕は思っています。
勿論気がつかなくてもそのまま前当たり(まだ掛かっていない当たり)が出て、そのまま本当たり(掛かった当たり)になる事もあります。が、多くのチャンスも逃してると思います。
鈴を付けている場合などの話しに良く聞くチリンとなって食わなかったーと言うのはサワリが分からず、前当たりや本当たり時にうなぎが違和感を感じて咥えてたのを離したのがチリンで終わったのだと思います。(あくまで個人のイメージです)(違うケースの時もある)なので、それ以降食ってこないのだと思います。

では、サワリとはどんな感じか?置き竿なら、竿先が通常の時とは違う小さな動きをします。川の流れで竿先が小さく動きますが比較的規則的に小さく動いていたのが、少し不規則さが混じったりします。手持ちなら竿先がモヤモヤっとしたり、軽く抑え込まれたような感じがしたり、その様に手元に感じたりと言った感じです。
これを感じ、次の一手を打つ事でサワリが前当たり、本当たりと移行していきます。
逆に何も手を打たずに見ていると、分かりやすい当たりが出てそれっきりって事も多いですので、多分これがチリンで終わりの正体では無いかと思っています。

では、次の一手とは….これは1度ご自身で考えてみて下さい。
それが釣りの楽しさの1つだと思っています。是非釣りを楽しんでください!もし、お悩みになった時は気軽に相談に来てくださいねー。

最後にもうひとつアドバイス!
選んだうなぎのポイントが間違いでは無ければ、盛期の今なら5分前後で当たりが出ると思いますので、待ち過ぎずにこまめにポイントをズラしながら狙ってみて下さいね。

商品のお問い合わせ
うなぎ釣りのワンポイントアドバイス(当たり編)
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

感染防止対策にご協力ください