【釣行日】 2019年4月4日
【釣行時間】 5:30-11:00
【場所】 外房 大原沖
【船宿】 大原港 山正丸
【釣果】 0匹
【タックル】
・ロッド…天龍『ジグザムドラッグフォースJDF621S-3』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
・ライン…シマノ『オシア8 300m#3.0』
・針…オーナーばり『ジガーミディアム#6/0』
・ルアー…BlueBlue『コニファー』

スタッフ石井釣行記〜外房大原沖・0匹〜

スタッフ石井釣行記〜外房大原沖・0匹〜

スタッフ石井釣行記〜外房大原沖・0匹〜

日ムラはあるものの徐々にヒラマサの声が聞こえるようになってきた外房へ行ってきました(^^♪
船宿はもちろん大原港の山正丸さんです。外房デビューから色々と船長からご指導をいただきお世話になっております。今でも私の目の前で釣った20kgオーバーのヒラマサの映像が焼き付いています( ゚Д゚)

が、ここ2週間の海況図などの動きを見る限りでは先日ヒラマサX DAYよりも、ワラサバクバクDAYを予想していました。予想は的中し、出船前に先に出ている漁師さんたちの船はワラサが大漁との情報。

『筋肉痛になっちゃうかも♡』

と、浮かれ気分で出船です(笑)

漁師さんたちの情報をもとにポイントに到着。しかし様子がなんだか変です。
ポイントは40~50mほどの水深です。とりあえず状況が分からないのでパイロットでシマノ『キングスラッシャー150g』でスタート。着底から状況を探るも…。あれ?

底潮が緩い…(´・ω・`)

何度落とし直してもラインが斜めにならず嫌な予感。
(釣れている時は潮がかっ飛び200gのメタルジグが必要な状況でした)
魚探反応も今一つのようで、船を当て変えても魚からのコンタクトはありませんでした。ポイントを転々とし、大漁であったであろう反応を探すも無でした^^;

真沖で潮が流れはじめたので、船長は浅根ポイントで一発狙いに舵を切りました。
上潮は風と重なりまあまあな雰囲気でしたが、ジグを投入してみるとやはり潮がスカスカ…^^;
ここは潮が流れ始めると川みたいになる場所なのですが、ジグが真っ直ぐになってしまいます…。ここでキントキが一本あがりましたが、他が続かず―。

それから真沖の反応に何度も乗せても、魚からの反応は全くの無( ̄д ̄)
エサもよく映っていたようですが、どこのポイントも潮が緩くスイッチが入らない様子です。

最後は浅場でヒラマサをキャスティングで狙いましたが、ここでも船中で顔を見ることは出来ずストップフィッシングとなりました。

今シーズン一発目の外房釣行でボウズとなってしまいましたが、甘くないのがヒラマサです。ワラサ祭りも最近は日替わりが多いので、懲りずに通ってみることですね(‘ω’)ノ

サカナはキャッチすることは出来ませんでしたが、船長から色々とアドバイスを聞けましたので次回に活かしたいと思います。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事